ブログトップ

ROOTS yoga~food~life

rootsyoga.exblog.jp

カテゴリ:旅( 8 )

スウェーデンといえば…

スウェーデン人が来てからもう3週間が経ちます。

ある日スウェーデン人と一緒に鎌倉に買い物に出かけました。鎌倉といえば、北欧雑貨のかわいいお店があるのをみなさんはご存知ですか?今日は鎌倉の雑貨屋さんをご紹介致します。


こちらのお店は若宮大通り添いに駅から海に向かって歩いた右手にあるお店です。
2店舗あって一つは通り沿いなのですぐに見つかります。
こんな看板です。
b0319849_11084819.jpg
店内はスウェーデンなど北欧の雑貨が沢山並んでいます。

そこでスウェーデンの有名な陶器ブランドをご紹介します。
お好きな方は皆さんご存知だと思いますが。。

グスタフスベリ/Gustavsberg
1825年、スウェーデンのストックホルムに設立されたメーカーです。
スウェーデンの中でも屈指のデザイナー、『ヴィルヘルム・コーゲ/Wilhelm Kage』、 グスタフスベリの中でも有名なシリーズ、『ベルサ/Bersa』で有名な『スティグ・リンドベリ/Stig Lindberg』。
その他にも、可愛い置物、特にライオンなどで有名な『リサ・ラーソン/Lisa Larson』など、数々のデザイナーを輩出してきた名門陶器メーカーです。
今現在も、工房だけを残して、セラミック製品を中心に生産が続けられています。


b0319849_12131792.jpeg

krone-hus クローネ・フス

〒248-0012 鎌倉市御成町4-40 松田ビル102
TEL&FAX:0467-84-8426
OPEN 10:30 CLOSE 18:00
定休日:水曜日


すぐ脇の道を入ったところにももう一軒あります。

b0319849_12140142.jpeg
b0319849_12141842.jpeg

pieni-krone ピエニ・クローネ

〒248-0012 鎌倉市御成町5-6 1-C
TEL&FAX:0467-25-0847
OPEN 10:30 CLOSE 18:00
定休日:水曜日

ぜひ立ち寄ってみてください♪






by yoga_food | 2014-09-04 12:17 |

スウェーデンとの出逢い

こんにちは(^^)

もう夏も終わりですね。
みなさまどの様な夏を過ごされましたか?

私は、この夏スウェーデンからのお客さまがホームステイしていました。

スウェーデンと聞くと何を思い浮かべますか?

ここでのテーマは”エネルギー”です。原子力に関しては様々な意見があるかとは思いますが、何事も私は実際に目で見て自分で考える事を大切にしています。単純に良い•悪いではなく、自分がなぜそう考えるのかをしっかり見直す、賛否どちらもの意見をしっかり聞いてみるのはどのテーマにおいても大切なヨガの実践のひとつです。

話は戻りますが、この1ヶ月間ブログを落ち着いて書く余裕がありませんでした。
なぜなら、家にいながら海外に留学でもしているかの様な気分だったのです。

朝キッチンに行くと、『hello』『good mornning』という言葉から始まりひたすら英語で話さなくてはいけない日々がスタートしました。恥ずかしながら中学生の英語もままならない私の頭の中は初日から混乱状態でした。

しかし、有難い事にひたすら日本とスウェーデンの違いについて観察し質問を投げかけてくれる彼との会話はとても充実したものでした。

例えば…キッチンや家の作りに関してこんな質問がでました。
「なぜ日本の家はすべてのドアや窓などの規格が違うのか?」というものでした。

そんなこと気にした事もない私はポカンと口を開けて考えてしまいました。
因にスウェーデンでは家のドアや窓、スイッチの位置まで規格が決められているのだそうです。そのため日本でもお馴染みのIKEAなどで購入したドアに簡単に付け替える事ができるそうです。

キッチンについては、洗い場のシンクが2つに分かれていて、一つは洗剤を溶かした水を入れておきそこで洗ってからもう片方でゆすぐそうです。その方が水を出しっぱなしにしなくてすむから省エネルギーだとのこと。

他にも窓について
「スウェーデンでは法律で窓は3重と決められている」という話にも驚きました。
日本でも北海道では窓ガラスは二重になっていますが、それでもまだ足りないとの事でした。

確かにスウェーデンは日本に比べてとても寒い地域です。暖房などのエネルギー効率や無駄を考えると3重は必要なのかもしれませんね。

こうやってみると、自分が当たり前だと思っている事も他国と比較してみるとまた違った発見がありますね。
スウェーデン人との生活はまだまだ続きます。




by yoga_food | 2014-09-02 13:09 |

実家に帰ってきました

私の実家はとっても田舎ですが…
近所に素敵な公園があります♪

この季節になると藤棚が見事で、香りと雰囲気にうっとりします。
藤の垂れ下がる様は、他のお花ではない独特の雰囲気でとても好きです。
b0319849_12493310.jpg
よーく見ると亀も花見をしていました!!
b0319849_12490479.jpg




by yoga_food | 2014-05-04 12:50 |

旅の思い出 インドネシア編

今回はインドネシアのスラウェシ島への旅のお話。

そもそも
なぜこんなあまり知られていない島に行く事になったかという経緯から。

元々東京の美術大学で彫刻を専攻していた私。
大学では制作に夢中で、一般教科の授業には足が遠のいていました。。

そんな私でも興味を持てたのが関野吉晴さんの「文化人類学」でした。
授業でのスライドは関野さんが今までに訪れたアマゾンや世界各地の先住民の方の写真や映像。

さらに、そこでのエピソードが面白く
いつもその授業だけは前列に座ることがお決まりでした。

そんな関野さん出会いがきっかけとなり
グレートジャーニーというプロジェクトを行っているインドネシアに勝手に?!押しかけたのです。

そこでは、砂鉄拾いから始めて、道具や材料もすべて自然から手に入る物で
自分たちで舟をつくり、その船で日本まで航海をする。

私は、特別役割があったわけでもなく
図々しくもインドネシアまで呼ばれるがままにおしかけました。

つづく…
b0319849_14170929.jpg



by yoga_food | 2009-12-08 08:21 |

イタリア 街と田舎

b0319849_12110219.jpg

イタリア編つづきです…

海外から日本を一歩引いて観てみることで
私たちの習性に気づかされます。

その一つは一都市集中型社会です。

イタリアで驚いたのは、みんな自分の街もしくは近くの街で満足していることでした。
全員では無いにしろ、口々に言います。
「ここに必要なものはそろっているからわざわざミラノに行く必要はない」

もちろんミラノにしかないものや場所はあるのですが
その人たちの自信に満ちた表情をみていると"足るを知る”という言葉が浮かんできました。

そうヨガでもそんな教えが…
本当の幸せはまず自分の置かれている環境がどんなに思い通りでなかったとしても
それを受け入れ今与えられたものに感謝する。
b0319849_00012523.jpg

言葉では簡単に言えますが実践は難しい。

私もいつも、今の流行や自分にはないものに憧れてしまいます。
まずはそういう自分を見つめることからはじめます。

あ!でもミラノの街並みやお城の美術館を満喫してきましたよ!!




by yoga_food | 2008-12-16 23:40 |

イタリア バイオダイナミック農法

b0319849_23370782.jpg
イタリア編つづきです…

みなさんはバイオダイナミック農法ってき聞いたことありますか?
私は聞いた事もありませんでした。

ここでその農法について詳しくご紹介はしませんが
ざっくり説明するなら
宇宙、天体、季節のリズムに合わせながら種をまいたり
収穫をしたり…肥料づくりにもうんと手間ひまをかけておこなう農法です。

大切に育てられた花やハーブは日本にオーガニック化粧品として届けれます。

当たり前ですが
ものは誰かが作らなければ
こうして使う事はできません。

つくった人の想いが感じられるモノが好きです。
こんなユーモアも好きです。

b0319849_23382776.jpg




by yoga_food | 2008-11-09 22:54 |

イタリア ピエモンテの暮らし

b0319849_22514875.jpg
イタリアの旅のつづき…

最初に勤めていた会社は
某オーガニック化粧品を販売していました。

それがきっかけでイタリアに行く事が出来たのですが
印象的だったのは、食と住 です。

今回は暮らしについて。

イタリアのピエモンテの暮らしは
今の日本人から見ればとても良い意味で質素でした。

毎日、自分たちで育てた食物を食べ
ワインを作り、よく働き、そしてよく休む。

毎日お昼時間は2時間以上。
大半の方は毎日家にもどって食事をしていたのは印象的でした。
日本では考えられませんね。。

大人も子供のように良く笑う。

ヨガの教えにも”執着からの解放”があります。
私も執着だらけです。。。
きっと皆さんも同じなのではないでしょうか。

シンプルな暮らしは人間に笑顔を与えてくれるのかもしれません058.gif







by yoga_food | 2008-10-23 22:29 |

旅が好き イタリア編

こんんちは058.gif

私の好きなもの…
沢山ありますがその一つは
旅です。

大学生の時が一番自由に動けたなぁと
社会人になって大学時代の有難さをより感じています。

そんな思い出を少し紹介させてください。

大学在学中アジアが好きでした。
ヨーロッパはきどっていそうで興味ない、なんて訳の分からない理由と
資金もなかったのでヨーロッパへ行くことはありませんでした。

しかし、大学3年生の就活で内定をもらい
なんとラッキーなことに1ヶ月イタリアに研修に行く経験をさせてもらいました。

イタリアの北部、ピエモンテの小さな町で出会ったこと、ひと。

ピエモンテはスローフード発祥の地といわれています。
日本でもロハスとかスローライフなんて言葉が世の中に溢れていますね。

当時の私は、そんな言葉とかけ離れた生活を送っていました。

表面上のスタイルではなく、生きる姿勢というのか…
もっと芯から根付いている意識を実感し現代の日本人の私とは異なり衝撃的でした。

具体的なエピソードはまたゆっくりお話させてください。




b0319849_22060779.jpg








by yoga_food | 2008-09-20 21:39 |