ブログトップ

ROOTS yoga~food~life

rootsyoga.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

7月のグループヨガレッスンスケジュールのお知らせ

こんにちは(^^)
鎌倉は朝から恵みの雨が沢山降りました。

グループヨガクラスの7月のスケジュールが決定致しました。初めての方も、ご興味のある方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

先日、初めて体験にお越し下さったある方が「予約はなくても大丈夫かと思っていました」とのご意見をお聞きしました。その日は満員だったためクラスに参加して頂く事が出来ず、お越し下さった方には誠に申訳ございませんでした。。

ROOTS YOGA KAMKURAでは全てのクラス完全予約制となっております。また予約が満員になり次第大変恐縮ですが別の日程でのご予約をお願いしております。是非お早めにお問い合わせいただけると有難いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

b0319849_22295062.jpg


by yoga_food | 2016-06-28 16:41 | ヨガ 

国際ヨガの日

こんにちは(^^)
鎌倉はすごい雨です。

本日は国際ヨガの日。みなさん国際ヨガの日って知っていますか?
2015年にインドのもでぃ首相が制定したそうです。私も国際ヨガの日、というのは最近知りました。

私の師であるマスタースダカー師が設立したワナカムヨガスクールでも完全無料のヨガイベントがあります。
告知が当日になってしまいましたが、本日東京の日本橋茅場町にて行われています!!

マスターのクラスは予約が必要ですが、他にもスクール生のみなさんによる無料のクラスが多数開催されるようです。5分、15分で受けられるクイックヨガセラピーもあるようで、お子様連れの方にもキッズスペースがあるので安心だそうです。

下記詳細をご案内致します。
□ヨガ奉り VYS621
□午前7時半〜午後8時半
□東京都中央区日本橋茅場町1−6−12 茅場町共同ビル1階
□お持ち物は手ぶらでご参加頂けます

私は残念ながらお仕事で参加出来ませんが、ほんの気持ちとして休憩コーナーで食べて頂けるように乳製品フリーのチョコレートタルトを同じスクール生である方に託してあります。
タルトは温かいうちに切らなければならず形が崩れてしまっているかと思いますが…

みなさんがヨガに出逢うきっかけになりますように…
離れた場所からお祈りをしています。
b0319849_12443595.jpg


by yoga_food | 2016-06-21 12:44 | ヨガ 

ヘナアート初体験!!肌に書く楽しさ

こんにちは(^^)

だんだん夏が近付いてきますね!!今回は肌の露出が増える夏にもぴったりなヘナアートをご紹介します。

みなさんヘナアートってご存知ですか?

お友達のヘナアートのプロに初めて足の甲に絵を描いて頂きました。その方はヨガの先生でもあり、とっても背が高くてかっこいいのです。その上、お二人の娘さんが居てとってもパワフルな愛情豊かな方です♪

ヘナとは麻のことですが、こちらをペーストにした物で肌に絵を描いていきます。インドでは結婚式等の時にも様々な絵柄を描き飾ります。昔は魔除けのような意味もあったととのこと、確かに他の民族でもそんな話を聞いた事があります。タトゥーを入れると簡単には消せませんが、こちらは1〜2週間程で自然に消えてします。

書いている時の早さと迷いの無さに感心しながら、どんどん描かれていく絵柄に見とれていました…
b0319849_16501283.jpg

妊娠中にお腹に描いてもらったりすることも出来るそうです…記念にもなるし素敵ですね♪いつかそんな時がきたらお願いしたいと思います!!ご興味のあるかたはご連絡下さればご紹介致します。イベント等にも出張可能だそうです。

by yoga_food | 2016-06-14 08:00 | プライベート

私のお母さん

こんにちは(^^)
今回は自分のルーツを少し振り返ってみます。。

私の母は、芯の強い、愛情豊かな人です。

いつも私のクラスの最後に「生を授けてくれたお父さんとお母さんへ感謝」という時間を一瞬もつようにしています。
当たり前ですが、どんな人間もお父さんとお母さんが居たからここに生まれて来たのです。

大人(最近)になって、改めて私たちのベースには幼少期の経験が大きく影響しているなぁと感じる事が多くなりました。いつからが大人か…という議論はここでは置いておきますが、私たちはお母さんの前ではいつまでも子どもなのです。

私が小学生の頃、母は胃がんになりました。かなり進行した状態で見つかり、胃を全摘しました。当時の私は小学生であまり状況が分かっておらず、お母さんが死んでしまう…と毎日泣いてはお兄ちゃん達に慰められていました。
しかし、それから驚く程に回復した母は今でも元気に生きています。胃が全部ないのも信じられないくらいに美味しいといってなんでも食べます。そして、がんになって生まれ変わったかの様にその後から「勉強しなさい」「あれしなさい、これしなさい」と言われる事が一切なくなりました。

それまでの母は、比較的?厳しく、習い事のピアノの練習をしないままお稽古の当日を迎え、泣きながら練習した(させられた)記憶も有ります…

しかし、そんな母が一切「強制」することをしなくなったので小学生の私は驚きと喜びと、違和感を感じていたのを覚えています。その後大人になるまで本当に「自分の意志」で全てを決めて良いのだと言われながら育ててもらいました。もちろん全て自分の判断なので、失敗しても「自分の責任でしょ」とはっきり言ってくれるような強さもある人でした。

そんな母は人一倍愛情?母性?が強い人だと思うのには理由があります。私の実家は田舎のお寺なのですが、そこで子ども達のお泊まり会を毎年夏に開いています。しかし、それだけに留まらず「地元のちょっとやんちゃな子や、学校でいじめられている子」に気がついたら今度は夜な夜なコンビニでたむろしている子ども達に声をかけて、お泊り会に来る様に声をかけ始めました…そんな事を母から電話でたまに報告を受けながら「いいね、来てくれるといいね」といいながら話していました。

そして先日無事お泊まり会も行う事が出来、ある一人の男の子(立派な一人前の方です)と大切な交流が出来たんだ、とても嬉しそうに電話がかかってきました。そんな事をしていたら先日、中日新聞(中部地方の新聞)で紹介されたとのこと。。

改めて一人の人間として母に対して尊敬と感謝を。面と向かっては中々恥ずかしいけれど…感謝しています、生んで育ててくれてありがとう。
b0319849_17285862.jpg


by yoga_food | 2016-06-14 08:00 | プライベート

白砂糖の身体へ影響

さて、前回の続きで今回は一週間実際に砂糖を抜いた様子をご報告したいと思います。
(前回の蕁麻疹と砂糖の関係を書いたブログはこちらです)

改めて砂糖を完全に摂らない生活を実践して、現代の社会ではとても難しい事だと実感しました。なぜなら、コンビニやスーパー外食…白砂糖が入っていない食べ物はないのでは?というくらいにどれも砂糖や人工甘味料が入っています。今回は白砂糖だけでなく、果物(とくに熱帯の果物)や甜菜糖、ハチミツなども抜いて過ごしたので更に困難でした…

さてまず一日のメニューを簡単にご紹介します。

最初の3日間は蕁麻疹が酷かったため、殆ど食事を摂る事が出来なかったため、口にした物を覚え書きさせて頂きます。
□あずきのお茶(小豆と昆布を煮だして作ります)
□切り干し大根
□大根おろし
□梅醤番茶
□小豆(塩のみで炊いたもの)
□牛蒡の養老煮(梅干しだけで炊いたもの)
□玄米おかゆ
□味噌汁(自家製味噌)
□野菜のスープ
□にんじんとリンゴのすりおろしジュース

反断食のような状態が3日間続きました。病院での薬を飲みながら過ごしました。蕁麻疹は3日間は酷い状態でした。

食事だけでなく、藁にもすがる気持ちでお手当を行いました。実際に行ったお手当も覚え書きさせて頂きます。
□昆布湿布
□米ぬかバスター

塗り薬は一切使わず、お手当のみでしのぎました。

その後蕁麻疹が少しずつ治まってきてからの一週間の食事です。
□朝、白湯、三年番茶、梅醤番茶、人参とりんごのすりおろしジュース
□昼、玄米粥、お味噌汁(切り干し)、ふろふき大根、牛蒡の養老煮、サラダ、納豆、蒸し野菜等
□夜、玄米(もしくは玄米粥)、甘い野菜のスープ、煮物、小松菜お浸し、蒸し野菜など

基本的にはお肉や油も同時に減らして、昔ながらのおばあちゃんスタイルの食事に整えました。

まずは、身体の変化です。蕁麻疹が薬を飲まなくても再発しなくなりました。そして、体重が3キロ弱落ちて、肌が明るくなった様な感じがしました。視界が明るくなり顔のむくみもすっきりとしました。
しかし、、蕁麻疹が段々治まって来たのはよいのですが、それと引換えのように甘いものを食べたい欲求がとても強く感じられました。特に最初の3日間は例えが合っているかは分かりませんが麻薬の様な中毒性が白砂糖に有る様に感じました。

甘いのもが食べたくなった時に食べたものを紹介します。
□ホットリンゴジュース
□小豆の米飴で炊いたもの
□ごま豆腐(本葛とごまのみ)に米飴をかけてプリン風に
□干し芋
□甘栗

その後一週間が過ぎる頃には不思議とあんなに食べたかった甘い物が特別欲しくなくなっていることに自分でも驚きました。そう、一種の中毒的な状態から抜け出せた様な感覚があり、身体も思考も軽くなっていました。

これはあくまでも私の身体での一例に過ぎません。というのも、私たちの身体はお父さんやお母さんから頂いたベースがあり、更に今の瞬間まで食べて来た積み重ねのベースが其々異なるのです。私が好きな物や、食べて来たもの、持っている性質は其々に異なります。しかし一つのヒントとして同じ様な悩みを持っていらっしゃる方の参考になれば嬉しいです。

その後、甜菜糖などは食べていますが、白砂糖を殆ど抜いた生活を続けています。もちろん、おつきあいで今後食べる際には笑顔で美味しく頂くつもりですが、現状としては身体が楽になっているのを実感しているので皆さまにも白砂糖を抜く食事をお勧め致します。

お読み頂き誠に有り難うございます。

鎌倉でヨガクラスを行っておりますのでご興味のある方はHPをご覧下さいませ。宜しくお願い致します。


by yoga_food | 2016-06-13 08:00 | マクロビオティック

排毒と蕁麻疹

突然ですが、みなさんは原因不明の蕁麻疹出た事ありますか?

実は先日全身に蕁麻疹が出てしまい完全にダウンして寝込んでいました。。
そのことによって生徒さんや家族、仕事先の方々に多大なご迷惑をおかけしてしまった事この場をお借りして深くお詫び申し上げます。こちらのブログも更新が出来ておりませんでしたが現在は完全に復活して元気になって参りましたのでご安心頂ければ幸いです。

そこで、今回の自分の体験と反省を元に蕁麻疹やアレルギーについて書いてみようと思います。原因不明の蕁麻疹やアレルギー症状に悩まれていらっしゃる方のヒントになれば幸いです。

まず、私自身について。元々身体が強いか弱いかと言うと…弱いなぁと改めて実感しました。(これでも、ヨガや食事などを学び実践する様になってとても強くなったと感じています。)

よく、ヨガをお伝えしていると健康で悩みもなくて元々身体も柔軟で…なんていう沢山のイメージを持たれる事が多いです。しかし私は身体についての不調や悩みが多くコンプレックスも沢山有りました。身体も固かったし、生理痛や、胃痛、大人ニキビ、むくみなど…その”悩み”があったからこそこうしてヨガや食などに意識が向き現在の様な気づきを頂けたんだと感謝しています。

そんな私は食事を整えること、バランスをとることの大切さを学び3年間程しっかりとマクロビオティックの基本を実践していました。その期間驚く程に身体も軽く生理痛がなくなり、吹き出物が出なくなり体調がよくなっていました。しかし、気がついたら少し頭でっかちになっていて家族に対して「あれは食べない方がいい、これはやめたほうがいい」という食に対する批判的な自分が居る事に気がつきました。その後、元々食べることが大好きな私が、食べ物に対して「いい」とか「悪い」とか決めつけていることに違和感を感じて、結婚をきっかけに何でも食べようと食事に対してはかなり大らかになりました。

それから丁度3年程立ち…突然の全身蕁麻疹が出てしまいました。

さてここで話は変わりますが、みなさんの一番強い執着のある、もしくは依存度の高い食べ物は何ですか?

私はずばり「甘いもの」でした。お肉や動物性の食品に対しては小さい頃食べられなかったこともあり元々あまり執着は強くないのですが、甘い物や果物は大好きです。。

今回の蕁麻疹自分で分析をした結果、陰性の食品の急激な排出だったのでは考えています。もちろん疲れや他の原因もあるのだとは思いますがあえて食事に着目して考えると”白砂糖”の影響も強いのでは…と推測しています。
もちろん”白砂糖”を食べたら=蕁麻疹ではありません。元々、私の体質が皮膚に出やすいというのもありますが基本的に皮膚やアレルギー症状が出ている時は身体は陰性に偏っていると考えられます。

「陰性???」と読んでいて思われる方も多いかと思います。これは中国の古き考え方の陰陽•五行説という考え方を元にしています。この説明に関しては又次回もう少し詳しくご紹介致します。ここでは単純に白い精製された 砂糖は極陰性なんだなぁくらいに捉えて下さい。その極陰性なものを食べるとアレルギー症状が出やすい体質になっています。

そこで蕁麻疹をきっかけに改めて食事を見直し砂糖を一週間抜く事にしました。さてその結果どうだったかは次の記事でご報告させて下さい。

by yoga_food | 2016-06-12 14:08 | ヨガ